• GRAVIS FC

個人の成長 or チームの成績



育成年代の永遠のテーマですね。 個人の成長が大切か

それともチームの成績が大切なのか。


僕なりの答えを先に言うと

『両方大切』。


両方大切とは言うものの

どちらかと言うと個人の成長の方が大切

だと思います。

割合で言うと7:3くらいですね。


まだまだ技術的に未熟な選手に

(チームが勝つ確率を上げるために)

いわゆる『大人のサッカー』を

させてしまうのは

個人の成長を促す点において

どうなんだろう、と思う訳です。

誤解を招かない様にお伝えしますが

勝つための戦術は絶対に大切です。

ただ、順序があるよね、

って思うんです。

身体能力の高い選手を前線に配置し

とにかくその子目掛けて

遠くに高いボールを蹴る。


  • その浮いてるボールの下にいる選手は何をしてるの?

  • 蹴ってるボールに戦術的な意図はあるの?

このようなことを繰り返してると

長い目で見たら

身体能力の高い選手の為にもなりませんし

もちろんその浮いてる

ボールの下にいる選手たちの

成長にも繋がりません。

キック&ラッシュのスタイルを

否定している訳ではありません。

そのスタイルも1つのスタイルです。

ただ、僕は自分の指導している

選手たちにはそのような事は

要求しません。 技術の習得を疎かにしてしまうと

いずれサッカーを楽しめなくなる

タイミングが来てしまいます。

自分の思い通りにボールを扱う技術は

最低限中学年代までに練習しておく

必要があるかと思います。

ここでいう技術っていうのは

ドリブルだけではなく

キックもそうですし

ディフェンスもそう。


試合の勝敗は

勝つ時もあれば負ける時もあります。 ただ、『個人の勝敗』では負けるなよと

自分の指導している選手対しては

指導しています。

個人の負けは許されないような環境から

突出した選手が出てくると思ってます。

プロになることが全てではないですが

プロになろうと思ったら

何かしら突出してないと

いけないですからね。


色々な志や目標を持った選手を

預かる立場として選手一人一人と

向き合いながら指導していく事が

大切ですね!

閲覧数:179回0件のコメント

最新記事

すべて表示