• GRAVIS FC



4月〜GWにかけての怒涛の日々を終え 少し一息ついてる林です。

と言っても、また今日から闘いは 始まっていくので 束の間の休息なんてものは無いのですが。

ジュニアユースはクラブユース選手権を闘い ひと学年上の選手に挑戦をしていました。

結果は1勝4敗で予選敗退。

確かな成長を見られるシーンもあれば まだまだ甘ちゃんやね、ってシーンもありました。

そんなクラブユース選手権で 感じたことを。

選手は指導者の鑑

この言葉がまさにその通りだな、と。

指導者が声を荒げて振る舞っていたら 選手が落ち着く訳なんかないし

指導者が余裕のある振る舞い、佇まいだと 選手も余裕のあるプレーを見せることが多い。

だから指導者の振る舞いって ほんまに大切だなと 今回のクラブユース選手権を通して 強く感じました。

普段の練習で積み上げないといけないものを しっかり積み上げられてないから 公式戦で声を荒げないといけなくなるし

普段の練習での積み上げに自信を持てているなら 指導者がどっしり構えて 選手のプレーを見守れるはずなんです。

そういう意味で今回のクラブユース選手権は 僕自身にとって本当に貴重な経験になりましたし 大会を通して成長した選手もいます。

GWを終え、夏に向けて さらに選手達を成長させれるように スタッフ一同頑張っていきます!!

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示